月別アーカイブ: 2014年7月

ソフト・ロボティクス入門2:ロボットをやわらかくする方法

単純に考えると、やわらかいロボットを作ろうと思ったら、やわらかい素材を使えばよい。
アルミ合金やスチールの代わりに、ゴムやスポンジを使えば、ロボットはやわらかくなる。

そのときに何が起こるか?
すべての素材をやわらかくしたら、ロボットは体重を支えられなくなってグンニャリするだろうし、歯車やねじは役に立たなくなるだろう。素材を変えたら、設計も変えなければいけないのだ。

ロボットを、なぜやわらかくしたいのか?という疑問がすぐ思い浮かぶ。 続きを読む

広告

ソフト・ロボティクス入門1:やわらかいロボットを目指して

気まぐれに連載、ソフト・ロボティクス入門である。

「ロボティクス」はロボットに関するさまざまな技術や学問をまとめて呼ぶ言葉だ。最近は、工学だけにとどまらない学際的な分野になったので、「ロボット工学」よりも「ロボット学」と言った方が合っている。

「ソフト・ロボティクス(Soft Robotics)」はロボティクスの中でもまだ研究途上の、若い分野だ。なにができるかわからないけれども、これがロボティクスの未来だと信じる少数の研究者が、いろいろなことを試している。黎明期ならではの活気と多様性が、この分野にはある。 続きを読む